no-image

もしFRBがインフレと戦っているのなら、なぜバランスシートはまだ拡大しているのだろうか?

もしFRBがインフレと戦っているのなら、なぜバランスシートはまだ拡大しているのだろうか?

翻訳:

https://www.zerohedge.com/markets/if-fed-fighting-inflation-why-balance-sheet-still-expanding

 

もしFRBがインフレと戦っていて、量的緩和を終了したのなら、なぜバランスシートはまだ増え続けているのだろうか?

4月13日に終わる週、バランスシートは279億ドル増加し、8兆9650億ドルの新記録を打ち立てた。これは3月に記録した最高値から30億ドルほど増加したことになる。
ピーター・シフ氏がツイートしたように、”インフレ対策とバランスシートの縮小を口にする割には、FRBはさらなるインフレを生み出し、バランスシートを拡大し続けている!”。
3月末には、FRBがQEを終了したかのように見えた。バランスシートは3月21日から3月28日の間に減少したが、その後、先週の約280億ドルの増加の前に、翌週にわずかに増加したのである。

グラフを見ると、QEは明らかに減速しているが、バランスシートの拡大は止まっていない。テーパリングは3月初めに終了したとされているが、FRBはまだ量的緩和を続けているように見える。事実上、中央銀行は無からお金を刷って債券を買い続けている。これはインフレ対策とは正反対である。
歴史的な高インフレの最中にバランスシートが拡大するようなことはあってはならない。
バランスシートの拡大が小幅になったとしても、拡大し続けているのです。インフレ問題や物価上昇との戦いを考えると、FRBはバランスシートを縮小しているはずです。インフレ対策に真剣に取り組んでいるのであれば、確かにそうでしょう。

消費者物価指数の上昇を考えると、なぜバランスシートを縮小するのを待つのでしょうか。
それはFRBが経済全体を悪化させることなくそれを行うことができないことを知っているからです。
これは史上最悪のインフレとの戦いです。
コロナウイルスの大流行が始まった2020年2月、バランスシートは4兆1600億ドルに達していた。これは2019年9月の3兆7600億ドルという低水準から上昇したもので、株式市場が暴落し、経済がぐらついたため、FRBが引き締めをあきらめた時期である。
つまり、2008年の金融危機後の最初のQEでFRBが購入した国債のほとんどが、今日もバランスシートに残っており、さらに数兆ドルも増えていることになる。
そして、FRBは今回もバランスシートの縮小に成功すると考えていいのだろうか。
それはありそうにない。FRBはテーパリングを完了させることさえできないようです。

FRBはインフレの火に立ち向かうと言いながら、インフレの火にガスを注いでいるのが現実だ。バランスシートの拡大は、FRBが依然として拡張的な金融政策に従事していることを意味する。今のところ、インフレ対策は口先だけで、大した行動はしていない。