no-image

スイング枠のイーギャランティー、インターファクトリーを売却、大崎電気、三菱商事を一部売却

スイング枠のイーギャランティー、インターファクトリーを売却、大崎電気、三菱商事を一部売却しました。

トータルでマイナス90,000円でフィニッシュです。

現金比率3.8%と現金比率をあげました。

年初来+6%

東証の信用残も積み上がっており、日経平均29,000円付近で揉みあっていること、バークシャーも現金比率を上げていることなどを考慮し一旦現金比率を上げていくこととしました。

 

4月30日時点では日銀のバランスシートは拡大していたので上に抜ける可能性もあるかとは思いますが、安全運行と余力資金を用意することも含めてこのようにしました。