新規でタクシーサイネージ広告のベクトルを購入。

 

総合PR会社ベクトルの子会社である株式会社ニューステクノロジーは2019年7月25日までに、同社が提供する後部座席タクシーサイネージサービス「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」(GROWTH)について発表を行った。

発表によれば、京都や名古屋などで運行するタクシー約1000台のサイネージ端末とGROWTHの連携を、今年10月から開始するという。つまり、後部座席広告サービスの地方展開をスタートさせる形となる。

 

今回の連携の対象は、京都と名古屋、札幌と滋賀の計4都市で運行するMKタクシー(エムケイ社)。GROWTHはいまは東京都内で運行されているタクシーの一部に搭載されており、今回発表した4都市での展開をスタートさせたあとは、搭載車両が合計で1万1000台規模に上る見込みだという。

出展:

https://www.google.co.jp/amp/s/jidounten-lab.com/w_growth-mktaxi/amp

 

出展:ベクトル決算説明資料抜粋

ベクトルは新規事業としてタクシーの後部座席から見えるディスプレイ広告のサイネージ広告を始めました。

先日、凄い投資家さんがツイキャスで放送されたことがきっかけで気になり調べてみました。

サイネージ広告で調べると他にも同業他社があるのでどれだけタクシーサイネージ市場を取り込めるかがカギになりそうです。

 

サイネージ広告を付けているタクシーの運転手の方に話しを伺ったところ、サイネージ広告は広告だけでなく交通系や電子決済の支払いも対応しているとのことでした。

タクシードライバーとしては、とにかく支払いが楽ということでした。

また、この広告は3.4ヶ月前から導入され始めたそうで、急速に広かった理由はキャッシュレス決済を導入すると国から補助金がもらえるので大手が一斉に入れたことが背景にあるそうです。

これから、中小のタクシー会社へもはいる方向だろうとのこと。

肝心の広告の効果についてですが、最近のお客さんは交通の足のない年配の方が病院へ行くために使うシーンが多いので、広告効果が出るかは疑問らしい。

何か物を買ったりするのは若い人が多く、ほとんどAmazonやネットで買うからお年寄りは広告効果が低いのではと。

しかし、東京都内ではビジネスマンの利用シーンも多く条件は変わってくるかもしれません。

 

セグメント別ではメディアとHR事業で営業損失がでています。

「損失の原因と対策について」

メディア事業では新規事業への先行投資が影響。

HR事業では不採算事業の閉鎖や広告宣伝費、販売促進費の削減のリストラクチャリングを進めている状態。

 

チャートでは大分下がったところから反転しているところなので買いやすい位置にはあります。

あとは、このサイネージ広告がどれだけ売り上げに貢献するかですね!

これから、普及拡大する新たな取り組みにかけてみるのも面白いと思います。