BASE(4477)は果たして割高なのか?!売上成長率、営業利益率、時価総額からみてみました

チャートでは高値のように見えます。

販管費が高いため赤字となっている企業なので数値から見ていきたいと思います。

 

株価4200円 

発行済み株数は2040万株

なので、時価総額850億円

 

時価総額850億円÷売上53億円=16(psr)

クラウド業界は9倍前後が平均or中央値と考えると現在は若干期待が乗っていると思います。

 

また、40%ルールでは、

売上成長率+営業利益率=40%より大きいかどうかで見分けることができます。

40%ルールとは、ベンチャーキャピタルが赤字のSaaS企業へ投資するかを決める一つの指標です。アメリカでは、この40%ルールが一つの投資基準となっています。

BASEの場合、

2019年38億

2020年 予想 52億

 

37%売上成長+営業利益率−7%なので、合計30%

 

つまり、40%ルールより下回り、PSR16ということはあまり割安感があるとは言えないように思います。

なので、あくまで数値からみた個人的な見解ですが、成長期待も乗りある程度評価されてるのが現状と推測します。