第2週目のSQ下げで英和(9857)を新規購入

チャートでは3月まで大きく下げたところからヨコヨコ

per11

pbr0.5

配当利回り1.7%

財務面では、

自己資本比率46%

有利子負債より利益剰余金が大きい

計測や測定機器の技術専門商社

商社でありながら、物によっては修理も行う事業形態

株主構成では、光通信が筆頭株主

社長など阿部一族が多く名を連ねる

つまり株高の恩恵を自ら受けるため、株価を上昇させる意義がある。

配当に関しては減配もあるが全体で見ると増配基調となっている

過去10年業績は緩やかに右肩上がり

売上営業利益率2.3%

ROE 5%

利益率、ROEともに高くは無いものの右肩上がりの業績や筆頭株主の光通信の存在、一族が多く大株主にいること配当をしっかりと出していることなどから、この位置から大きく崩れることは低いと考え新規購入しました。