保有企業の住友不動産が年初来安値を更新しそうなくらい売り続く

第2四半期決算の営業利益9.8%、通期予想でも6.7%と堅調

業績に関しても過去10年の業績は右肩上がり。

チャートでは2018年12月よりも売られており、年初来安値を更新するかの勢いです。

 

配当金も利回りは0.84%と少ないものの、増配傾向で推移しています。

三菱地所の配当利回り1.48%、三井不動産、1.65%なので3大不動産の中では配当利回りが際立って低い。

 

三菱地所 時価総額2兆8000億 per20.7

三井不動産 時価総額2兆7000億 per14.9

住友不動産 時価総額1兆8000億 per12.8

 

これらの状況から、業績に関しては問題なしと判断して、買い増しを行い現在保有継続。