no-image

株価は発行済み株式の一部である浮動株の需給で決まる

 

発行済株式数 = 総株式数 – 優先株式数

特定株 = 役員保有株 + 自社保有株 + 関係会社持分など

浮動株 = 総株式数 – 特定株

潜在株式数 = 普通株式(≒発行済株式数) + ストックオプション行使分、株式転換行使分など(潜在分)

発行済株式数 = 特定株 + 浮動株 + 潜在株式数

 

普段目にする株価は市場で取引される浮動株で基本的に株価が決まっています。つまり、発行済み株式数の一部分の需給によって株価は動いています。