大崎電気(6644)が相場の上昇にのれず決算延期で下げていたところまたも購入

 

月足チャートは底に近い様子

営業利益は四季報予想、会社予想共に32億円。

それに対して時価総額は278億円

決算が5月12日から27日へ延期されました。4月1日から3月末までの決算であること、電気メーターという業種であることからあまりコロナの影響は無いかと思われます。

チャートでは今年全て陰線を付けていますが、割安感や生活インフラに関わる業種であることから落ち込み続けるとは考えにくいので、指値していたところ日経平均と逆行しまたしても購入となりました。