no-image

コメダと三菱商事が資本提携によりコメダの株価がさや寄せするか計算してみました

三菱商事はコメダの株式1%を8億9000万円余りで取得することを決め、資本提携を結びました。

コメダは現在、日本国内で喫茶店を830店余りを展開していますが、海外では中国と台湾の合わせて5店にとどまっています。

このため三菱商事は、中国や東南アジアなどの各地の拠点を活用してコメダの海外への出店を支援していくことや、新たなシステムを導入して顧客データを収集し新商品の開発などにつなげることを検討するとしています。

三菱商事は、去年からシンガポールにある関連会社を通じてコメダにコーヒー豆などを供給してきましたが、今回、海外展開などについて両社の思惑が一致し、協業を拡大することになりました。

参考サイト:

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190612/amp/k10011950091000.html?__twitter_impression=true

 

発行済み株式数45900000株

その1%は459000

これを89000万円で買うので、

89万円÷459株=1938円

つまり、1あたり1938円となります。

なので、おそらく特にサヤ寄せが起きることもなく、三菱商事は少し安く買えたのではと思われます。